スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンスは1度

凝り性である事を自覚している渓雨は
あまり多くの趣味に手を出さないように
気をつけている。野鳥の世界も同じだが
終にシギチの世界に足を踏み入れてしまい
暇を見つけてはシギチフィールドへ
エリマキ1

この日ホウロクシギを目的に出かけたが
見当たらずケリのように休耕田に佇んでいると
シギの群れが飛んで来た。
見慣れたコチドリやトウネンより大きいエリマキシギでした。
写真は3羽ですが8羽居ました。その後何度か
このフィールドを訪れますが群れに遭遇する事はない。
暑さも遠のいてもうすぐエリマキが必要な季節に・・・・・
エリマキシギとは関係無いかぁ~
エリマキ2


〇シギ科
□ エリマキシギ
黄色味のある褐色で、背に黒いまだら模様
入り江、海岸線近くの水田などの湿地に飛来するが、少ない。
雌はムクドリ大だが、雄は一回り大きい。冬羽は黄色味がなくなり
夏羽雄ではえりまきのような羽がはえる


ーーーー野鳥観察ハンディー図鑑 新水辺の鳥 引用ーーーー
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

渓雨

Author:渓雨
アクセスありがとうございます。

「拍手」をポチとお願いします。
どなたか管理人は識別できま
せんが見ていただくだけで励み
になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。