スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い午後の話

現在、麻機遊水地は第1工区~第4工区まであるが
子供の頃、麻機沼と言えば諏訪神社前辺り(第3工区)を指していた。
梅雨の雨間で34℃と暑く、沼の中心部は
湿度も高く葦に遮られ風もない日でした。
観察小屋の駐車場に車を止めお目当ての
オオヨシキリを撮るため機材を担いで
中程に有る「あずまや」を目指して歩き始める
南北に貫いている道路を少し北へ進むと
三叉路となり右側に大きな柳が現れる。
普段は蓮田にカワセミがいないか右に行くのだが
この日はあずまや付近のオオヨシキリ狙いのため
躊躇する事無く直進した。
ちょうど柳を過ぎようとした時だった。
湖面を横切る生暖かい風が背後を吹きぬけ
背中に悪寒が走った。
何となく頭上からの視線を感じ見上げると
2羽のカラスが何か悪巧みするように寄り添っている
カメラを向けると目がキラリと光ったのは気のせいか?
用心に越した事はありません大柳の付近は注意して歩きましょう
ハシブト
※注 ハシブトガラスに悪意はありません

〇カラス科
□ ハシブトガラス
カーカーと澄んだ声で鳴くことが多い
ハシボソガラスよりやや大きく額が出っ張って見える

ーーーー野鳥観察ハンディー図鑑 新山野の鳥 引用ーーーー
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

言ったら ダメよ!

ハシブトさんは やっぱり見ていたんですね!
昔話をしていたかもしれません?
そこには 怖い話がありますから・・・
しかし お清めの塩を撒いてありますから
大丈夫だと思いますが(^^) 
今度口止め料を払ってこようっと
渓雨さんも 知っていたら お口チャック!!

師範代さん

怖い話は知りませんが
やっぱり何かあったんですね
沼には「沼のばあさん」の伝説も有るし
渓雨が子供の頃は河童もいたそうですから
夏場水辺に近づく時は注意してと言う事らしいです。
場所は違いますが川沿いに入って
1週間以内に風邪の様な症状が出たら
ツツガムシに咬まれたと判断して診察を受けてください。
草むらには蛇も考えられるので長靴必携です。
プロフィール

渓雨

Author:渓雨
アクセスありがとうございます。

「拍手」をポチとお願いします。
どなたか管理人は識別できま
せんが見ていただくだけで励み
になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リスト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。